人生よりも長く続く組織を作ろう。

Nguyen Trong Nghia (Co-Founder)


NEWS

Reactを選ばれる7つの理由

現在、IT業界にはさまざまな種類のフレームワークとJavaScriptライブラリがあるため、フロントエンドプロジェクトを開発するためのフレームワークを選択することは悩ましい作業です。NALグループではReactJSが最愛のjavascriptライブラリとしてよく選ばれます。ReactJSを使用することをお勧めする理由はいくつかあります:

1. 学習スピードが早い

Reactは、ビューレイヤーだけを扱うシンプルで軽量なライブラリです。 Javascriptの開発者は基本を理解し、チュートリアルを読んでから数日後に素早くウェブアプリを開発することが出来ます。

Reactのガイドには「リアクションで考える」と書かれているように、以前とは少し違っているかもしれませんが、新しいアプローチを提供するので、経験があればより簡単で自然になります。

2. コンポーネントが再利用可能

Reactはコンポーネントベースのアーキテクチャを提供し、コンポーネントはレゴブロックのようなものです。 ボタン、チェックボックス、ドロップダウンなどの小さな要素から始め、これらの小さなコンポーネントを含むブロックを作成します。 次に、より高いレベルのコンポーネントラッパーを作成します。すべてをまとめて、それはあなたのアプリケーションです。

各コンポーネント自体は、レンダリング方法と独自のロジックを決定します。 このアプローチは大きな成果をもたらします。 必要に応じてコンポーネントを再利用することができます。 結果として、
(1)アプリケーションに統一されたインタフェースがあります。
(2)再利用可能なコードにより、ソースコードの保守と開発が容易になります。
(3)アプリケーションの開発が容易になります。

3. Virtual DOMを使ったクイックレンダリング

多くのユーザーインターフェイスと更新を表示するWebアプリケーションを開発する場合、パフォーマンスの問題に注意する必要があります。現在のjavascriptは複雑なアプリケーションを処理するのに十分速いものの、DOMの操作は十分に速くはありません。

DOMを更新することは、Webパフォーマンスに関しては問題です。ReactはVirtual DOMと呼ばれるものを使ってこの問題を処理しようとしています。メモリに格納されたDOM。変更ビューはVirtual DOMを介して応答され、効率的な比較アルゴリズムが選択され、この変更を最もよく選択して適用します。最後に、DOMの更新は圧縮され、読み取り/書き込み用に最適化されていることが保証されます。これがReactの高性能についての主な理由です。 Facebook株式会社がReactJSをFacebook、Instagramに適用したことがわかります。

ReactJSのスピードをよりよく反映するため、AngularJS、ReactJS、KnockoutJSとRaw DOMの間のパフォーマンステストを見ていきます。テスト方法は、1000個の要素をレンダリングし、完了までの時間を測定することです。以下の結果は、Chrome、Firefox、Safariでテストを実行した後に取得され、各フレームワークは10回実行されました。

ブラウザによると平均は次のとおりです:

Chrome 39.0.217(React:83.4秒、AngularJS:265.2秒、KnockoutJS:334.8秒、Raw:37.3秒)

Firefox 34.0.5(React:36.8s、AngularJS:231.4s、KnockoutJS:420.9s、Raw:44.3s)

Safari 7.0.2(React:30.3s、AngularJS:113.6s、KnockoutJS:174.3s、Raw:59.6s)

(https://www.codementor.io/chrisharrington/react-vs-angularjs-vs-knockoutjs-a-performance-comparison-85hwzepbz)




4. JavaScriptをより簡単に
Reactは、HTMLとJavaScriptを混在させるJSXという特別な構文を使用します。これは必須ではありません。JavaScriptだけで書くことができますが、新しい構文を使うことをお勧めします。なぜなら、 ‘コンポーネント’をより簡単に書くことができるからです。

5. SEOには最適
Javascriptフレームワークの問題の1つは、SEOに相応しくないということです。改良されているにもかかわらず、検索エンジンでは、JavaScript対応のアプリケーションをクロールするのが難しいといえます。 ReactJSはサーバ側で(nodejsのおかげで) Virtual DOMを作成し、それを通常のWebページとしてブラウザに返すことができます。

6. 素晴らしい開発ツール
開発ツールは、開発プラットフォームを選択する際の1つの重要な要素です。 React Developer ToolsとRedux Developer Toolsの2つの優れたツールがあります。どちらもChrome拡張機能としてインストールできます。
React Developer Toolsは階層内のReactコンポーネントを選択するのに最適で、現在の状態や小道具を表示するのにも最適です。

7. リアクションネイティブに反応する
ネイティブ・リアクション。Reactは創始者によると、「ワン・ストップ・ショップ」のライブラリではなく、「一度だけ書く」ライブラリです。あなたはReact Nativeを使ってAndroidとiOS用のネイティブアプリを書くことができます。 Web用の正確なコード行は使用しませんが、ReactJSのメソッドと構造を使用します。詳細はこちらhttps://facebook.github.io/react-native/

2019年の正月・旧正月休暇期間のお知らせ

お客様各位 平素より、大変お世話になっております。

弊社の2019年度の正月・旧正月休暇につきまして、下記のとおりご案内いたします。

————————

正月

■休暇期間

2019年01月01日(火)

■通常業務開始日程

2019年01月02日(水)より平常通り営業いたします。

————————

旧正月

■休暇期間

2019年02月04日(月) から2019年02月08日(金)

■通常業務開始日程

2019年02月11日(月)より平常通り営業いたします。

休業期間中はご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

正月期間中にメールにていただいたお問合せにつきましては、緊急対応以外は、通常営業日に順次ご対応させていただきます。

電話:代表番号は不在となりますので各担当者へ直接お電話くださいませ。

 

NALグループ、NALkathon 2018コンテストを開催 – 「Digital Transform」

2018年12月、NALベトナムはグループ全員の注目を集める、非常に魅力的なイベントを開催しています。それはNALkathon 2018です。

第3シーズン連続でNALグループはト8つのチームから40名の参加者を持つNALkathonのコンテスを行なっています。これは、NAL Groupで働く開発エンジニアにとって、今年最も期待される技術革新イベントです。

今年のDigital Transformationテーマは、NALグループの社内 “Live Chat”アプリケーションに基づいており、各チームはアプリケーション、および機能を開発します。そのアプリケーションのプラグインとしてビジネスに取り組むことです。ただのコンテストだけでなく、ビジネスアイデアのプロトタイプへの発展も考えられます。

コンテストは3つのラウンドで構成されています。アイディア・プログラミング・プレゼンテーションです。現在は急いでアイデアを形にするため、コードの最初の行を開始しています。コンテストは 開始から終了までの1ヶ月間で予定しています。 12月29日(午前8時から午後5時半まで)、各チームは自分のアイデアを実行し、プレゼンテーションをします。賞金総額は2,000万VNDを超えています。

NALベトナムの副社長、コンテスト審査員の一人であるグエン・ミン・タム氏は、「このコンテストに対して、エンジニア達のアイデアはNALグループの様々な活動に貢献出来ることを期待しています。例えば、

・週20時間の節約または

・1000万 VNĐ /月の節約

と実現出来るのです。それらのアイデアはいい完成度で、すぐに使用できることを期待しています。

このコンテストを企画して、NALグループのあらゆる職場にビジネス全体の「デジタル化」の革命が広がり、浸透していくようにすることも目的です。

コンテスト第2シーズンにてベトナムのNALのプログラマーが機械学習、深層学習を使って画像処理を実装する

2018年5月初めの「LAN と神秘的な迷路」のコンテストの成功に続き、NALベトナムではハノイの本社にて「LANと幸福の道」をテーマに、2年目の第2シーズンに引続きチャレンジしております。 本コンテストは、ほぼ1か月間続き、5つのチームで合計25人のプログラマーにて争われます。決勝ラウンドは11月16日に開催されます。

本コンテストの特色の1つは、チームが様々なプログラミング言語を使用するだけでなく、LANを正しく移動させるように機械学習、深層学習を使って、交通標識の識別において画像処理を使用することです。 これにより、各チームは与えられた条件と要件を遵守すると共に、画期的なソリューションを創出できます。

以下では、 “LANと神秘的な迷路”ロボコンコンテストの画像です

第1シーズンの継承と発展により、「LANと幸福の道」は組織全体にAIを広めることを目的とした活動であり、Roboconに対する関心を奨励すると共に、製品を開発し、ハードウェアを学ぶ機会があります。さらに、チームワークの精神を促進し、チームワークは最大限に発揮できることを期待しています。

NALを選択する理由は?

日本、ダナン、ハノイにあるNALのオフィスにお訪れ、創造力と行動力を最大限に発揮し魅力あふれる企業であることが分かるでしょう。

 

👉 NALではプロジェクトをうまく運営していくため、お客様と一緒にプロダクトをきちんと理解するPOの役割を重視しています。その役割を担当するのに必要な日本語力、コミュニケーション能力、品質担保関連の知識とスキルのトレーニングを行い、クライアントの工数がかからないように開発を進められるよう努めています。

 

👉 開発リソースを確保するためにフルスタックデベロッパー育成センターを所有すると同時に、ベトナムでAI・ブロックチェーンといった先端技術を育成する学院を外部研究者・パートナーと組んで運営しています。

 

👉 TDD, CICD, DevOpsと言った手法、ツールなどを使い人的ミスを軽減し、納品までのクオリティとスピードを向上させています。

 

👉 5年間の経験の中で、NALでは特に医療、IoT、VoIP関連の案件を多く経験積んできました。

IoT、VoIPの分野では開発会社としてだけでなく、ソリューションの提供もできるようになってきています。

 

詳細下記のビデオをご覧ください。

 

NALは2018年再びベトナムIT企業トップ50 + 10として表彰受けました

2018年9月17日、ベトナムソフトウェア・ITサービス協会(VINASA)は「2018年度ベトナムIT企業トップ50+10」の発表式を開催しました。厳しいプロセスと基準を通過して、NALベトナム株式会社はベトナムのIT企業トップ50に誇りになりました。 2017年度、NALのAIやブロクチェンと言った先端研究と成長率は57.2%が評価されました。

今後のNALの方向性について、NALのNguyen Minh Tam副社長は次のように述べています:
”当社は、いつも組織の学習能力を大切にして、事業立ち上げの精神を絶えず推進しています。幅広い学習機会をメンバーに与えられるように、多分野協力でビジネスを拡大し、新しいビジネスモデルを創造するように日々努めています”。

2017年、NALベトナムは、AI、Blockchain、IoTなどの最新テクノロジーをエンジニアに提供するという使命をもってSophiaアカデミーを設立しました。 トレーニング対象者はNAL社員に限らず、興味があるエンジニア・組織の全てです。 Sophiaは、AIまたはBlockchain開発ができるエンジニアを年間200人創出することを目標にしています。

Blockchain Express コース

近年、ブロックチェーンと仮想通貨は世界規模で最も注目されるテクノロジーに違いないです。ベトナムも例外ではなく、年々にブロックチェーン関連のテクノロジー企業が増えています。

NALグループもAI Expressコースの成功を踏まえ、ソフィア先端技術学院と一緒にBlockchain Expressコースを開講いたしました。ベトナムの技術者に対してブロックチェーン革命の波を乗り遅れないために、基本的な知識と現在のトレンドの理解を深めるため目的として、エンジニアの受講生20人でスタートができました。

Blockchain Expressコースは12回で1.5ヶ月かけて、ブロックチェーンの概念の整理と分析を試みます。
・ブロックチェーンの基礎知識
・スマートコントラクト(Smart Contracts)
・分散型アプリケーション(Dapps)
・ブロックチェーンプラットフォームの構築

Khóa học Blockchain Express

2018年9月2日の建国記念日は3連休のお知らせ

お客様各位
平素より、大変お世話になっております。
弊社の2018年度の連続休暇につきまして、下記のとおりご案内いたします。
————————
連続休暇
■休暇期間
2018年09月01日(土)から2018年09月03日(月)
■通常業務開始日程
2018年09月04日(火)より平常通り営業いたします。
休暇期間中にメールにていただいたお問合せにつきましては、緊急対応以外は、通常営業日に順次ご対応させていただきます。
電話:代表番号は不在となりますので各担当者へ直接お電話くださいませ。

ソフィア先端技術学院ーベトナム初の AI人材教育センターとして創立

AIは第4次産業革命のキーテクノロジーであり、世界的な流行とも言われています。AIを含め、先端のIT技術をより多くのベトナム人IT技術者にとって、より身近なものにするために、NALとAGILEADによってソフィア先端技術学院が創立され、2018年8月1日より稼働を開始しました。
所在地:11th Floor, MD Complex Office Building (MHDI), 68 Nguyen Co Thach Street,
Nam Tu Liem District, Hanoi, Vietnam

幅広い領域に挑戦しスキルに磨きをかけていきたい人に対して、ソフィア先端技術学院では基礎研究レベルからデータサイエンス、ブロックチェーン、oT、AI、ロボティクスなどの色々な分野での応用研究・開発研究レベルまで日々研究を行っています。
ソフィア先端技術学院では2018 年度、AI技術者が50人、ブロックチェーン技術者が50人、2019年度は、AI、ブロックチェーン、iOTを習熟した技術者を200人に増やすことを目標として設定しています。

ソフィア研究所が、同日AI EXPRESSというコースを正式にオープンしました。
このコースを修了するために、オフラインでの学習時間100時間、オンラインでの学習時間200時間を確保する必要があります。
2ヶ月半で下記のテーマに関する試験に合格しなければなりません。

1. AI基礎
2.データサイエンスのためのPython
3.データサイエンス
4.機械学習 基礎知識
5.ディープラーニング

Info: https://sophia.edu.vn
#ai_express #SophiAcademy

NALでは2018年に人工知能(AI)がグループのメンバー全員に普及することを目指しています

この数年、人工知能(AI)が第4次産業革命の重要なコンポーネントになっており、国内企業はどんどん研究開発を行っています。「TopDev」の調査によると、AI、機械学習、ビッグデータ、IOT、ブロックチェーンの分野は、ベトナムにおけるITの最新動向と今後の方向性に大きな影響を与える可能性があるそうです。2018年度のオリエンテーションでは、取締役のPham Manh Lanが「AIがNALグループのメンバー全員に普及することを目指しています」と発表しました。

取締役のPham Manh Lan

 

NALグループが「計画を実現する」ために、何をしましたか。

 

NALでは、入口の採用から重視し、AIチームに所属する8メンバー達は若々しく新しい技術に貪欲で勉強熱心な人たちばかりです。そのため、業務を通じて成長し、自然と知識も増えてきました。

AIチームでは、研究開発をひとつの専門職として行い、これまでやってきたプロジェクトで積んだ経験・知識を前者に共有しています。さらに、NALでは技術スキルを磨き、新しい技術を体験できるチャンスを与えるため、定期的にセミナーを行っています。毎回セミナーには多くの開発者が参加し、大きな注目を集めています。

セミナー1:チャットボットとセンチメント分析について

セミナー2:自然言語処理技術について

セミナー3:コーテジ関連アプリケーションについて

セミナー4:ダミー変数 機械学習について

Seminar 6.1: Machine Learning

AIチームが遂行したプロジェクト:

  1. 技術分野では、光学文字認識(OCR)のソフトウェアのソリューションとして、手書き文書や印刷文書(送り状、職務経歴書など)から日本語文字を認識して必要な情報を抽出するシステムを開発しました。
  2. セキュリティの分野では、オフィスへの入退室の許可を顔認証で行うための顔認識アプリケーションを開発しました。指紋認証と合わせて従業員の実績作業時間や残業時間などの管理のサポートまで行います。
  3. バーチャルアシスタントの分野では、2017年末2018年始にNALが機械学習(MachineLearning)と自然言語処理(NLP)の技術を使って、「zBot」というオンラインアシスタントを開発して市場にリリースしました。このzBotは、お客様の様々な質問に24時間答えたり、コンサルティングをしたりすること ができます。以下のリンクから詳細を見ることができます。http://ai.nal.vn/ja/showcases/zbot/#demo
  4. 生活の分野では、iOSデバイスでDLモデルを最適化することによってメニューにスマホのカメラをあてるとメニューの項目を読み出すアプリを開発しました。それを通じてレストランへの注文が手軽にできます。以下のリンクから詳細を見ることができます。http://ai.nal.vn/ja/showcases/menuscaner/#demo今後、AIチームはAIと学習機械に関する技術交換をできる活発な場を作るでしょう。楽しみにしてください。