情報技術の体験を生活の至る所で提供し、
社会の発展に貢献しよう。

Le Hoang Nam (Co-Founder)


NALKathonシーズン2 – 待ち構える栄光!!!

NALKathonシーズン1の成功に引き続き、NALKathonシーズン2は全てのNALメンバーの期待の中、開催されました 。 シーズン1の参加チームが3チームに対して、 シーズン2では参加チームが倍に増加し、ユニークで多様なアイデアを兼ね備えている。 今回のコンテストは次の基準を強調し、評価を行っている。
・高い適応性
・一般的な実用性
・ 将来的の展開性
・ 技術的ソリューションはシンプルかつ簡単に展開できること

参加者の集中力や創造力を最大限引き出すため、今回の開催場所は前回と違って、施設や設備が十分に整っている新しいスペースであるアジャイルアカデミーでNALKathonシーズン2を行う事にした。
12時間の絶対集中空間の中、各参加チームは自分たちのアイディアを製品にし、デモとプレゼンテーションで審査員を口説かなければだめなのである。

最後に輝いたNALKathonシーズン2の優勝者はスズメチームの「Nal Channel Ediface」アイディアであった。このアイディアは既存のNAL Channelから展開し、改善を行ったものであった。
優勝に次ぐ各受賞者は次の順となっていました。
2位チーム:Akasetoチーム(アイデア:会議室予約するBooking roomシステム)
3位チーム:LCD(アイデア:残業申込NALOTシステム)
4位チーム:Reactagent(アイデア:勉強会管理システム)
HiepNQ(アイデア:自動返信Chatbotシステム)
Heo thi(アイデア:オフィスで働く方の健康を思うトレッドミル)

現在それぞれのシステムが改善されつつ、実際に取り扱っている。
NALKathonシーズン2は実に創造性への情熱を持ちユニークなアイデアからこの世に価値を生み出せる完成品まで作り上げたい人へのプレーグラウンドである。
これからでもさらに面白いコンセプトかつ様々な形でNALKathonを NALで行われることに期待が集まっている。