情報技術の体験を生活の至る所で提供し、
社会の発展に貢献しよう。

Le Hoang Nam (Co-Founder)


Archives for リモートワーク

ナルベトナムのリモートワーク期間延長のお知らせ

(nal.vn) – 2020年4月28日の朝、新型コロナウイルスの感染者が4日連続で新規感染者の発表がゼロと12日連続でコミュニティでの感染者数もゼロであることにより、社会距離戦略を緩和することにしました。但し政府からの指示第15号によりNALベトナムでリモートワーク期間の延長し、社員の交代勤務とリモートワークを実施いたします。

 

 

現在、ヨーロッパでは感染状況は混乱状況であると言えます。また、2020年4月28日、新型コロナウイルスの感染者数が世界全体で300万人を超えました。 ベトナムで首都から企業、生産事業所、商品・サービス提供事業所に政府からの指示第15号を遵守し続ける指示を出しました。詳細的にマスク着用、20人以上の集会の禁止、生徒さん同士の間隔を1.5m以上確保、公共交通機関の乗客率が40%を超えないよう制限などの対策を公表しました。ホーチミン市とハノイ市は次のリスクがまだ残っています。

 

■  退院したものの再度陽性判定を受けたケースが発生しました。(現在ベトナムでは5ケースと発表しました)

■  一部の地域、都市が感染のリスクが高いと判断されています。

 

相談した後ナルベトナムの取締役会は従業員の健康と安全を確保しながら、作業品質を維持するための作業計画に同意しました。 詳細は次の通りです。

 

■  全社的に交代で出勤(それ以外は在宅勤務)とする(大分が在宅勤務

■  各チームの生産活動に影響を与える要因を検討する

■  プロジェクトのセキュリティを確保する

■  チームメンバー数を調整する

■  チームのコミュニケーションに問題解決をサポートする(主観的評価またはPO、Scrum Masterからの評価)

 

このお知らせはNAL全員に積極的に受け取られました。プロジェクトの進捗やパフォーマンスを確保すと共に家族的責任と社会的責任も果たすようよく努力しております。

 

CONTACT US

リモートワーク(続き):単独でコーディングするな!

(nal.vn) – 以前、プログラミング合作(リモートワーキングチップ:ペアープログラミング)、それからデベロッパーのパフォーマンスを向上することについて究めました。しかし、WFH傾向(Work From Home)が流行っているところで一人で仕事をするなら効果があるか、それとも、「デジタル革命」のカバーに人々をどんどん隠しているだけなのでしょうか?

 

コロナウイルスが発生する最中で、社会的距離(Social Distance)
のポリシーが適用されているため、この質問は適切なタイミングで行われます。労働者が家で仕事する(リモートワーク)の状況に陥り、社会に接触することが少なくなる可能性が見受けられます。4.0テクノロジーの発展することにより、接続は大勢にとっても容易になりますが、孤独が減少意味ではありません。

CINGAー保険会社及びIPSOSー市場調査会社の調査によると、米国では調査された2万人の中、ほぼ半分(46%)は単独感じています。
参考(1)

 

昨年、WhartonSignalBarsade教師とカリフォルニア州立大学のHakan Ozcelik教授が発表したの研究では、孤独感も作業パフォーマンスに悪影響をしていることが把握しました。 (参考(2))

 

この調査は、独りでいる、または一人で働くことが多い人々は、組織への確約が少なくなることを意味します。つまり、作業効率が下がっているように見受けられます。

 

同僚がいつも一人でいる、または統合するのが難しいことが判明し、アプローチするのが非常に難しいこは別の理由です。これは仕事に悪影響を及ぼし、必要なときに有用な情報を受け取る可能性が低くなるためです。

 

コロナウイルスが通過するのを待つ間、孤独感を減らすために、あるプログラマーはキーストローク、ささやき、声でオフィスの音をエミュレートできるWebサイトを作成しました。同僚と一緒にオフィスに座っているような感じさせるのに役立ちます。(参考(3))

 

基本的にチームワークで作業すれば、最良の効果を達成します。リモートワークするが作業に欠けている問題を解決するのに役立つからです。WORK FROM HOMEの時スピーカーをオンにし、マイクをオンにし、ウェブカメラをオンにして、一緒にオンラインで仕事をしましょう。

 

参考

(1) https://www.cnbc.com/2018/05/02/cigna-study-loneliness-is-an-epidemic-gen-z-is-the-worst-off.html/

(2) https://www.researchgate.net/publication/274754680_Work_loneliness_and_employee_performance/

(3) https://imisstheoffice.eu/

CONTACT US

Chatops_NAL リモートワーク業務効率維持の鍵

(nal.vn) – コロナの影響によりベトナムロックダウン開始から2週間、NALリモートワーク実施から3週間経ちました。予想した課題と予想できなかった課題を解決しながら弊社NALではなんとか業務効率維持できている状態です。何が良かったか、何をさらに改善すべきか本日社内で振り返りを行いました。

 

事前シミュレーション、リモート環境準備、ワーキングルールなどなど色々なか、社内業務サポートのChatopshttps://chatops.vn/)がもっとも貢献したとみています。

 

 

Chatopsは弊社 NALが Chat + Operationの思想と実体験の業務ニーズから独自で開発した業務サポートツールです。Chatopsでは

  • スレッドでチャット
  • AIにより一部チャットから自動オペレーション
  • Videoコール
  • アラート
  • Todolist管理
  • ファイル管理

業務に必要とするものを一括管理し、自動化により業務サポートすることができます。

リモートワークではチーム間のコミュニケーションや業務共有・サポートは通常より難しくなるポイントの1つです。NALでは通常でもChatopsの上でコミュニケーション・業務共有を行なっていたため今回リモートワークとなって変わったと感じたのはほぼお互いの画面を見ながら Face2Faceで会話しないと通じにくいケースだけとなります。Videoコールを常に繋げると同時に、必要となったらすぐ画面共有する行動をすることで現時点までほとんどのケースが解決でき、結果的にパフォーマンスを維持できるいうになっています。

 

次に、全体的なワーキングルールを全体で合意し随時改善することもとても重要だと今回の振り返りでわかりました。現在NALでは下記のワーキングルールにしています:

  • 自宅自分の作業スペースを確保する、出社すると同じフォーマルの服装で業務する
  • 業務開始のDailyMTGは必ずチーム単位でビデオチャットで行う
  • 討論をトピックごとにスレッド化する
  • コントローラー役の人が常にいて、チャットで通じにくいまたは時間かかると判断したら画面共有しビデオチャットに移る
  • 日単位で終日業務進捗チーム単位で確認し、遅れを日単位で潰す
  • 軽い全社MTGを週1回ビデオチャットで行う

 

今後もChatopsも、ワーキングルールも向上せながら業務効率維持に止まらず、より自由でかつハイパーフォーマンスな働き方を取得していきます。


CONTACT US: info@nal.vn

Remote working tip: Pair Programing

ペアプログラミング (Pairprograming) はプロジェクトに対して品質向上させるだけではなく、技術者に対してスキルアップさせ、チームビルディングに対してもコミュニケーション活性化する効果があると論理と統計で証明されています(1).

 

別の研究ではチームによる共同作業は個々で作業する場合に比べて業務効率が40%改善されると発表されています(2).

そのため前からもNALではどのようにチームワークがうまく行われるかを工夫しながら実施されています。ペアコーディングもチームワーク活動の中の1つです。

NALではすでにある社内情報一括管理や業務サポートする Chatops(別途ご紹介します)ツールが非常に活躍していると思いますが、さらに実施した下記2つの tipを紹介します:

  • 常に直接通話できる状態にする。
    色々なツールをトライしたところ、結果的にDiscordが一番愛用されています。(Zoomは機能的に対応できたのですが、セキュリティー的には話題になっているため一旦使わないようにしています)
  • すぐお互いの作業画面を確認し、サポートできるようにする。
    実際使いながら加えたい機能が色々あるが、 だいたいのツールが対応できています。ここで重要なのはどのタイミングで「画面シェアして話そう」と判断するファシリテーター役です。NALでは AL (Agile Leader) の役割を持つ人がよく状況を見て判断しています。

今回は Covid-19の影響で計画外のリモートワークですが、少しでも前向きに、効率よく業務を行なっていきたいと思います。

 

(1) https://collaboration.csc.ncsu.edu/laurie/Papers/XPSardinia.PDF
(2) https://www.researchgate.net/publication/27295641_The_Case_for_Collaborative_Programming


CONTACT US: info@nal.vn

#NAL #システム開発 #オフショア開発 #リモートワーク#Chatops
#医療システム #新電気システム #AI #Blockchain

リモートワーク1週間レポート

(nal.vn) – 前回のNALニュースでお知らせした通り、3月24日より弊社は全社リモートワークを開始いたしました。実施1週間の状況をレポートさせていただきます。

 

まずはベトナムでのコロナ情報ですが、

• 24日の感染者数123名から、本日30日時点で189名となっております。ハノイ・ホーチミンのそれぞれの最大規模の病院で感染が発生し緊張は高まっています。

•「ベトナムの医療インフラでは、感染者数はピーク時点でも1000名未満に抑えられないと、影響が甚大になる」という専門家の意見もあり、ハノイ・ホーチミン共にLockdownの可能性があります。

• 生活維持に必要な場合以外は外出をしないように、政府が国民に呼びかけをしています。そして、すでに生活用品店以外の全ての店舗は営業禁止となっています。

NALでは24日より正式にリモートワーク実施を始めました。各チーム担当者が集まる定例のクロスチームMTGに、本日はリモートワークに対する意見や提案がある有志メンバーも参加しました。

 

今週1週間の結果は

活動全てのプロジェクトが問題なくまわっています。社内で使い慣れている Chatopsが軸となり、一部お客様から要求されたツールも加え、コミュニケーションスムーズに行われています。

品質リモートワーク開始前と同様の品質を担保できております。
(不具合数が目標値を超えた案件は1件のみ)

進捗全ての案件で遅延は発生しておりません。

 

*その他
• ほぼ全てのチームで「問題ない」「やりやすい」というコメントが出ています。1チームから「不具合修正のやりとりが大変」というコメントがありました。

•お客様からも「リモートワークの影響は感じません。約束した機能は期待通りにできています。」、「特に問題はないです。このまま続けて欲しい。」などコメントをいただいています。

コロナの影響を鑑みて、この先の4〜6週間はリモートワークを継続する必要があると弊社は判断しています。これを機に、リモートワークをNALの強みの一つとして、必要に応じて対応できる体制構築を目指しています。
社会と従業員の健康に配慮しつつ、最高のアウトプットを出せるよう努めてまいります。

 

Some remote work image of NAL VietNam


CONTACT US: info@nal.vn

#NAL #システム開発 # オフショア開発 #リモートワーク#Chatops
#医療システム #新電気システム #AI #Blockchain

リモートワーク実施について

(nal.vn) – 新型コロナウィルスの影響が広がる中、政府の呼びかけと社会・社員の健康を考慮し、

3月23日をもって正式にリモートワーク実施を開始いたしました。

 

初期に感染発覚した16人が完治し、感染が早期に収束することをベトナム全体で

期待しておりましたが、17人目の感染が発覚しその後もますます感染者が増加しております。

この状況下で弊社は緊急にリモートワーク実施の準備を開始いたしました。

  • 各クライアントとリモートワーク実施の可能性について相談し、
    案件へのリスクやリモートワークのノウハウを共有いたしました。
  • リモートワークのためのワークルールの整備いたしました。
  • リモートワーク実施の開始前に、特定チームでリモートワークのシミュレーション
    (オフィスにいながらリモートワークのように修行する)を行い、
    実現性の検証を行いました。

Work from home during the coronavirus pandemic

17日よりNALではクライアントの了承を得た上で、3チームで正式なリモートワーク実施を開始し、
実施結果を評価した上で3月23日より以下の条件で全社的リモートワーク実施を
開始することにいたしました。

  • クライアントと合意済み
  • プロジェクトの各種ルールの遵守
  • セキュリティー事項の遵守
  • パフォーマンスを日単位で担保

設立より7年、NALはこのような社会的に大きな問題に直面するのは初めてですが、

社会・人の健康を守りながら仕事の成果もしっかりと残してまいります。

またこれを機に、NALが開発した社内コミュニケーションツール「Chatops」を、

リモートワークツールとして広く外部へも展開していきます。


CONTACT US: info@nal.vn

#NAL #システム開発 #オフショア開発 #リモートワーク# Chatops
#医療システム #新電気システム #AI # Blockchain