「夢を描き、挑戦し、体験し」一緒に世界の舞台を目指そう。

Nguyen Tuan Anh (Co-Founder)


Archives for NALgroup

NALでは2018年に人工知能(AI)がグループのメンバー全員に普及することを目指しています

この数年、人工知能(AI)が第4次産業革命の重要なコンポーネントになっており、国内企業はどんどん研究開発を行っています。「TopDev」の調査によると、AI、機械学習、ビッグデータ、IOT、ブロックチェーンの分野は、ベトナムにおけるITの最新動向と今後の方向性に大きな影響を与える可能性があるそうです。2018年度のオリエンテーションでは、取締役のPham Manh Lanが「AIがNALグループのメンバー全員に普及することを目指しています」と発表しました。

取締役のPham Manh Lan

 

NALグループが「計画を実現する」ために、何をしましたか。

 

NALでは、入口の採用から重視し、AIチームに所属する8メンバー達は若々しく新しい技術に貪欲で勉強熱心な人たちばかりです。そのため、業務を通じて成長し、自然と知識も増えてきました。

AIチームでは、研究開発をひとつの専門職として行い、これまでやってきたプロジェクトで積んだ経験・知識を前者に共有しています。さらに、NALでは技術スキルを磨き、新しい技術を体験できるチャンスを与えるため、定期的にセミナーを行っています。毎回セミナーには多くの開発者が参加し、大きな注目を集めています。

セミナー1:チャットボットとセンチメント分析について

セミナー2:自然言語処理技術について

セミナー3:コーテジ関連アプリケーションについて

セミナー4:ダミー変数 機械学習について

Seminar 6.1: Machine Learning

AIチームが遂行したプロジェクト:

  1. 技術分野では、光学文字認識(OCR)のソフトウェアのソリューションとして、手書き文書や印刷文書(送り状、職務経歴書など)から日本語文字を認識して必要な情報を抽出するシステムを開発しました。
  2. セキュリティの分野では、オフィスへの入退室の許可を顔認証で行うための顔認識アプリケーションを開発しました。指紋認証と合わせて従業員の実績作業時間や残業時間などの管理のサポートまで行います。
  3. バーチャルアシスタントの分野では、2017年末2018年始にNALが機械学習(MachineLearning)と自然言語処理(NLP)の技術を使って、「zBot」というオンラインアシスタントを開発して市場にリリースしました。このzBotは、お客様の様々な質問に24時間答えたり、コンサルティングをしたりすること ができます。以下のリンクから詳細を見ることができます。http://ai.nal.vn/ja/showcases/zbot/#demo
  4. 生活の分野では、iOSデバイスでDLモデルを最適化することによってメニューにスマホのカメラをあてるとメニューの項目を読み出すアプリを開発しました。それを通じてレストランへの注文が手軽にできます。以下のリンクから詳細を見ることができます。http://ai.nal.vn/ja/showcases/menuscaner/#demo今後、AIチームはAIと学習機械に関する技術交換をできる活発な場を作るでしょう。楽しみにしてください。

 

ランと秘密な迷路 ー NALの開発者のハードウェア領域への侵略

5月18日に「ランと秘密な迷路」を開催しました。HaNoi NALオフィスで初めてハードウェアコンテストが開催されました。
4つのチームが参加しました
チーム 1: AI pro team
チーム 2: New Wind team
チーム 3: SGIRAL P team
チーム4: Gà team

ランの紹介:
ランは2018年4月に生まれたTransformer clubの最初の製品です。
ランの構造はシンプルです。
目:障害物は超音波センサで検出
鼻:色の識別
耳:動きの方向を測定する

開催の目的:

実習生から正社員までの開発者やエンジニア向けにハードウェア開発に関する体験を作る交流道場を目指しています。またロボット開発とそのドメインでの知識を深めることを目的としています。

各チームもゴール:
参加するチームは、LANが課題に従って操作できるように、することが制約としてありますが、どのプログラミング言語を使うかや開発計画といった開発に関わることに限定はありません。ゲームは2パートで構成されています露天迷路と秘密迷路です。
4色のブロック:緑、青、赤、白
緑:スタートブロック
青:ゴールブロック

赤:トレジャーブロック
白:レースブロック
4色をブロックをクリアすると、「ランと秘密な迷路」のアドベンチャーが完了します。
ランをコントロールするのと同時に、参加チームは10分以内で操作方法についてのプレゼンテーションを行います。

ランの操作方法:
ランのAPIに基づいてプレゼンテーションした内容で操作することがルールです。
結果は SGIRAL P チームが勝ちました。


「ランと秘密な迷路」のイベントは新しい交流道場となりました。イベントを通じて 技術の学習や相談することができ、チームワークのスキルが向上しました。